フィバースノー~製品情報~

塩素を含まない、環境に優しい凍結防止剤とその散布装置で、高い効果を生む凍結防止システムを提供いたします。

製品カテゴリCATEGORY

フィバースノー低導電性液状凍結防止剤

フィバースノーとは

「フィバースノー」は濃度変化に依存せず、非常に電気を通しにくい性質をもっております。漏電、電気通電により問題が発生する場所の凍結防止、及び除氷に最適です。

主な用途には、遮断機の信号エラー防止として踏切内、周辺道路駅のホーム、駅舎周辺住宅、店舗等の玄関、出入り口、屋外階段、屋上一般道路、歩道、歩道橋ドア、窓の回転軸、レール部大型冷凍設備内の通路の凍結防止寒冷地、スキー場等の屋外設備の凍結防止などがございます。

また、「フィバースノー」は最低凝固点が-35℃と低く、例えば-45℃においても強固な氷を形成せず、シャーベット状になります。無色透明・無臭の液状凍結防止剤ですので、使用場所を選びません。「フィバースノー」は金属を腐食させる心配がなく、動植物に対し無害ですので、安心してお使い頂けます。

フィバースノー散布前/路面状況:圧雪
フィバースノー散布後/路面状況:シャーベット状に路面改質

※本製品は、JR北海道殿と散布性能試験、電気伝導試験の実施検証を行なっております。

優れた速効性

「フィバースノー」は液状のため、自己溶解する必要がなく散布後直ちにその高い効果を発揮します。

超・低電気伝導性(ほとんど電気を通さない)

従来の融氷剤、凍結防止剤(塩化カルシウム、塩化ナトリウム-食塩等)は、その主成分が電解質(水に溶解時、イオンに電離する物質)であるため、融氷・融雪水は電解質溶液となり、イオンの移動により電気を流す性質〔電気伝導性がある〕を有します。一方、「フィバースノー」は電解質と異なる非電解質の多価アルコールをその主成分とするため、「フィバースノー」そのものの電気伝導性はほとんどありません。従いまして、融氷・融雪水溶液の電気伝導性に影響を与えることはありません。

無色無臭で使用場所を選ばない

「フィバースノー」は無色無臭の液体です。尿素散布時にしばしば生じる”アンモニア臭”等、決して生じることはなく、どんな場所でも散布できます。

環境にやさしい

成分中に塩素化合物を含んでいないため、散布後の塩害はおこりません。また、土壌中における微生物による生分解性にも優れています。従いまして、土壌、植物等の生態系や自動車・橋梁・建造物等の金属部への薬害の心配は特にありません。(水道水よりも金属腐食性はありません)

含有氷の強度低下

「フィバースノー」を含有する氷は、通常の氷よりも強度が小さく(もろく)なります。従いまして、再凍結(濃度低下による凍結)した場合でも、通常の氷より破砕されやすい状態にあります。

参考資料

導電率比較(フィバースノーの伝導率:0.7μs/cm)

導電率の参考値
雨水
34μs/cm(フィバースノーの約48倍
1%塩化ナトリウム水溶液
1.64×104μs/cm(フィバースノーの約23400倍
1%塩化カルシウム水溶液
1.61×104μs/cm(フィバースノーの約23000倍

参考情報をご覧いただくために、PDFファイルの閲覧用ソフトが必要な場合がございます。Acrobat Readerをお持ちでない方は、アイコンをクリックし、手順に従いダウンロードしてからご覧ください。

アクロバットリーダのダウンロード

Microsoft Office PowerPoint Viewerをお持ちでない方は、アイコンをクリックし、手順に従いダウンロードしてからご覧ください。

パワーポイントビューアのダウンロード