ビバフロスティ®F~製品情報~

塩素を含まない、環境に優しい凍結防止剤とその散布装置で、高い効果を生む凍結防止システムを提供いたします。

製品カテゴリCATEGORY

ビバフロスティ®F動物用消毒薬の不凍液

ビバフロスティ®Fとは

「ビバフロスティ®F」は冬期の消毒作業を目的とした、動物・人体への有害性が極めて低い動物用消毒薬の中性不凍液です。
冬期の消毒作業時、本製品を市販の消毒薬に混ぜるだけで消毒薬の凍結の問題が解消できます。

主な用途には、牛舎・鶏舎などの消毒車両消毒踏込み消毒槽などに使用する消毒薬の凍結防止です。(※本製品に消毒効果はありません。)

また、「ビバフロスティ®F」の主成分は化粧品などの身近なところで使用されている多価アルコールであり、タイヤ等のゴムを劣化させるメタノールを含有していませんので安全な製品です。
腐食性も水と同等ですので、様々な金属と接触しても腐食は起こらず、安心して車両消毒にお使いいただけます。(※消毒薬自体に腐食性がある場合はご注意下さい。消毒薬の腐食性を低減する効果はありません。)
凍結温度は原液で-30℃です(※環境により若干前後します。)ので、厳冬期にもご使用いただけます。もし、凍結しても硬い氷は形成されず、シャーベット状態となります。

無色透明液体(若干とろみがあります)
踏込み消毒槽と動力噴霧器での使用

用法

凍結が予測される場合に、外気温に応じて以下の希釈割合目安を参考にビバフロスティ®Fを消毒薬に直接混合、または、消毒薬の希釈液に混合してご使用下さい。

外気温が-10℃の場合、ビバフロスティ®F 5Lに水5Lと消毒薬を入れて消毒液10L作ります


混合可能な消毒薬

複合次亜塩素酸系、塩素系等の消毒薬と混合してご使用下さい。
消毒薬自体の消毒効果は気温の低い冬期に弱まる傾向がありますので、消毒薬濃度を高めてご使用いただく事を推奨します。

ビバフロスティ®Fと消毒薬混合時の効果(-20℃)
◯:消毒薬の消毒効果が維持
△:消毒薬の消毒効果が低下
  1. 一部の消毒薬を混合した場合、変色作用が無くなります。通常夏期に運用されている交換タイミングで 消毒液を交換して下さい。
  2. 消毒薬が溶け難い場合は、先に消毒薬を少量の水に溶かした後にビバフロスティ®Fを混合して下さい。
  3. 混合の状態が(色合いや溶解状態)が水に溶かした場合と異なる事があります。
  4. 消石灰との混合はお控え下さい。

口蹄疫防疫演習

2018年2月に遠軽町にて開催されました平成29年度オホーツク口蹄疫防疫演習に参加いたしました。この演習にて実施されました、「畜産関係車両を対象とした引き込み車両消毒ポイント運営に係る実地演習」において車両消毒を行う際の消毒薬の不凍液として、「ビバフロスティ®F」が使用されました。

動力噴霧器と消毒薬
(複合次亜塩素酸消毒薬+ビバフロスティ®F)
車両消毒演習
 

参考資料

※安全データシート(SDS)については別途お問い合わせ下さい。
※製品改良のため、仕様などを予告無しで変更する場合もあります。ご了承下さい。